それぞれの10年

東日本大震災からもう10年経つのか。

あの時、安曇野のこの家も結構長く揺れ、テレビの映像に驚いた。当時1才の息子はまだ揺れや津波の映像を怖がる感じじゃないようでホッとした感覚を思い出す。原発事故が起こってしまいどんな影響を受けるか全く分からない間は、昆布をたくさん食べようとしたり(これはすぐに意味無いと分かった)、息子が畑でミニトマトを採って食べようとしたら一応洗って食べさせたりもした。大人より子供への影響が大きいとの事から出来る限りの事をしておかなければと思って。物事をきちんと考えはじめるなら今でしょうって、より色々な事を知ろうとするきっかけになったと思う。

食(放射性物質や添加物など)の不安から始まり、科学や医療、はたまた政治に関する事まで知りたい欲の赴くまま読み続け、今では自分で考えるための土台(体幹?)ができた。

そう思えるようになったのは、震災や原発事故関連のことで、専門家や、現場で向き合う方々が、デマが広がらないように説明する努力を重ねてくださっていたおかげだ。
特にTwitterは、短い文で要点が述べられ、データも示され、その反論に対する反論…議論?も行われ、あらゆる角度から知りたい事を知れた。
残念ながら、考えの違う人同士の議論の結果はほぼ決裂するのだけど…、そのやりとりを見ている人の考えが変わることを切実に祈り、身を削って発信を続けてくださっている方を何人もみかけ、そのたびに感動した。

それがはじめて不安を捨てて信じていいと思えたきっかけだと思う。あの時は、本当に嬉しかったな。陰謀論も色々みて不安になっちゃってたので、世の中捨てたもんじゃないって光が差した瞬間だった。そうやって一つ、論理構造?を把握できたことで、その後ほかの事についても考えやすくなっていった。土台といったのはこの事。私は直接被災しなかった立場だけれど、こんな影響の受け方をした事を忘れないで居ようと思う。

具体的に色々みてきた内容を、ここに書くのは難しすぎるので書かない。
ただ、一番知れて良かったと思うのは、各事柄についてはどこかに必ず真摯に向き合って誠実な“いい仕事”をしている方々がいるという事。そして、自分の心の中の不安に見切りをつける事で、その仕事をお手伝いできるかもしれない事。絶対無視したくない仕事たち。敬意を表し続けたい。
そうだよな。誠実な姿勢でいれば、大きな不安ならなおさら、あらゆる叡智を尽くして解消しようとするよね。それで時を経て多角的に検証されるから、難しくて分からなかった不安もだんだん減っていくよね。

もし世の中が、そんな誰かのいい仕事で多く成り立っているとしたら、なんと素晴らしいことだろう。分からないけど、私はそうあってほしい。まだ隠れているそんな人たちの存在も知りたいし、そんな世の中のいい部分を子にも伝えていけたらと思う。逆にその事を脅かそうとするデマには毅然とした態度を取りたい。

これからも考えていかなくちゃいけない事はあるけれど、いまそんな風に思えているのは良かったと思う。自分もいい仕事できたらな。
ますます復興がすすんで、人々の不安な気持ちも減っていきますように。日々おだやかに暮らせますように。

[絵本]ええっと たぶん かなったな

『ええっと たぶん かなったな』え・ぶん カワカミサエコ

エンは なきたいとき、
からだの まんなかあたりに こっそりあめをふらせます。
そうすると めからなみだが でないので、

まえは 「なきむしエン」とよばれていたけれど、
いまではすっかり ただの「エン」です。

「なきむしエン」だったころは、
なみだでせかいが にじんでみえて ころんでばかり。
あぶなくて おさんぽさえも みんなにやめろととめられて、
おうちでひとり ないてばかりのまいにちでしたが、

ただの「エン」になってからは、
こっそりあめをふらせながら なんでもできて
みんなとたのしく くらせています。

そんなあるひ、
「だいじょうぶ?」と こえをかけられました。
さいきん ひっこしてきた おむかいさんです。

エンは ドキッとしました。
とっさに「ええっと、なんのこと?」などといって とおりすぎましたが、
おむかいさんなので まいにちかおを あわせてしまうのでした。

「きみ、だいじょうぶ?」
「ねえねえ、だいじょうぶ?」
「おーい! ほんとうに だいじょうぶなのかい?!」

こまったことに そうきかれればきかれるほど、
エンはどんどん なきたくなるのでした。
そして とうとうこらえきれなくなって、
めから なみだがこぼれてしまったのです。
エンはおどろき いちもくさんに にげだしました。

むらのはずれの はらっぱのおくの
せのたかい くさむらのなかに かくれて、
めからながれるだけの なみだをながしました。

そして さいごのなみだをぬぐいながら
エンが「はぁ、かえりたくないな…」と つぶやくと、
こんどは ほかのだれかがなきだしました。

「ぼくは、かえりたいよ…」

いもむしのモムでした。
モムは なきながらいいました。
「とりにつかまり いのちからがら にげだしたのはいいが、
おっこちたのが ここさ。このあしで やまは あるけないだろう?
なかまと ロモチであうやくそくなのに、はたせないんだよ…。」

ロモチが やまのうえのほうにある ということは
うわさに きいたことがあります。
ほんとうにかなしそうな モムをみて、
エンも なきたくなってしまいました。

「ええっと… わたしなら、あるけるかもしれない。
わたしが いっしょにいくよ。」
エンも きょうはかえりたくなかったので、
ちょうどよい ようじだとおもったのです。

モムはとてもよろこびました。

やまにはいると ふかいもり。
ながいくねくねみちが、ずっとおくのほうまで つづいていました。

ちかみちをしようとすれば イライラクサの しげみのトゲトゲが
チクチクささっていたいので エンはなきたくなりましたが、
モムのはなしをきいていると なんとかきがまぎれます。

「ロモチはね、みちのりが けわしかったり なんてことなかったりとか、
ねがいが かなったり かなわなかったりする ふしぎなばしょなんだって。

めじるしは、タブンノキ とよばれる おおきな き で、くちぐせがね…」
さいごまで はなしおわらないうちに モムはだまってしまいました。
さなぎになったのです。

さなぎになったモムは つきあかりがすけて
ほうせきみたいに きれいでした。
エンは あるきながらなんどもながめ、タブンノキのくちぐせは
やっぱり “たぶん” かな?とかかんがえて きをまぎらせました。

「おお。それは“たぶん”、ロモチョウのさなぎだよ。
「あ!あなたは、タブンノキさん?」

「ああ、そうだよ。たぶんね。」

エンは すこしわらってしまいました。
じぶんのなまえなのに、たぶん だなんていうひとに あったことがなかったからです。

そんなエンをみて き もにっこりしました。
「わたしのことは、みんな すきかってによぶ。
いまは タブンノキ とよばれている 。おそらくね。

わたしは きがついたらここにいた。
いままで たくさんのことを ひとからきいてきたが、なにしろ ここからうごけない。
じぶんで たしかめたことがないから たぶん なのだよ。」

「ええっと、ここがロモチという ばしょなのですか?」
「それもよくきかれるのだが、
たぶんここは ロモチというばしょではない。
かんがえるに ねがいをかなえるのは、ここ、ロモチ。
コ、コ、ロ、モ、チ、しだい。ということなのだろう。おそらく。」

エンはしばらくかんがえましたが、
よくわからなくて なきたくなりました。
「そんなときはたぶん、ふりかえらず、ただおもうがままに
まっすぐすすんでみればいい。おそらくそれでいい。」

そのとき「おはよう」とこえがしました。
みてみると はねがすこしぬれてくしゃくしゃした チョウがいます。
「モムさん?!だいじょうぶ?!」と エンがきくと、
「うん だいじょうぶ、すぐかわく!」と げんきにこたえました。

すっかりきれいなチョウになったモムは、ぎこちなくとびたちました。
「やくそくのばしょは このおくだよ。ありがとう!いくね!」
エンはおいかけました。

もりをぬけると モムとそっくりなチョウが たくさんいて、
いっせいに とびたとうとしていました。
「そういえば、キミのねがいはなに?いってみなよ!」モムのこえです。
「わたし…わたしは、、つよくなりたい!」エンのこえがひびきわたりました。
でもどういうわけか、さけびながら なきたくなってしまいました。
「あーあ。かなわなかったな」

チョウたちがとびたつと あたりがよくみえて
なんぼんかのみちが あらわれました。
タブンノキ がいったとおりに まっすぐすすんでみると、
のぼってきたみちよりも すこしあるきやすく
ちがったけしきが みえました。

いえにつくとほっとして、エンは さっそく なきたくなりました。
すると、やっぱり おむかいさんがやってきました。

「だいじょうぶ?」

「ええっと… だいじょうぶ、すぐかわく!たぶん…ふふふ。」

エンは ロモチのことをおもいだして すこしわらってしまいました。
すると それにつられて おむかいさんも くすくすとわらいました。

あいかわらず、エンのまんなかのあたりは あめふりなままでした。

おしまい

この絵本の解説を読む

HAPPY DAYS展はじまりました。


はじまりました!
7名の作家さんの中の1人として出展しています。

新作は9点。すべて額付きでご購入できます。ほかには絵本、ポストカードに加えて今回は しおり も販売しています。


『HAPPY DAYS展』
2017年5月31日(水)〜6月5日(月)
11:00〜19:00(初日は12時から・最終日は17時まで)
パーティー>>6月3日(土)17:00〜19:00

Mireya Gallery ミレージャギャラリー
東京都中央区銀座2-10-5オオイイル4F
03-6303-8844
www.mireyagallery.com

HAPPY DAYS展のお知らせ

今年も東京・銀座のミレージャギャラリーさんからお誘い頂き、5月31日からのグループ展に参加することになっています。テーマは「HAPPY DAYS」7名の作家さんの中の1人として作品を出展させていただきます。

「あるひのねこ(部分)」
「あるひのねこ」の一部です。
ねこは毎日さかなつりをして暮らしています。

「きたきた(部分)」
「きたきた」の一部です。
ふたりがいつもここに来るのは理由があります。

今回もこの2点のような絵本の中のワンシーンのような作品と、新たに抽象画や小品にも挑戦中です。
ミレージャギャラリーさんでのグループ展には、7度目の参加となります。どうかあたたかく見守って頂けると嬉しいです。

『HAPPY DAYS展』
【日時】---------------------------------------
 2017年5月31日(水)〜6月5日(月)
 11:00〜19:00(初日は12時から・最終日は17時まで)
 ★パーティー>>6月3日(土)17:00〜19:00

【場所】---------------------------------------
 Mireya Gallery
 ミレージャギャラリー(銀座)
 東京都中央区銀座2-10-5オオイイル4F
 03-6303-8844
 http://www.mireyagallery.com/

【東京メトロ】
<銀座線・日比谷線・丸ノ内線>
 銀座駅(A13番出口)から4分

<有楽町線>
 銀座一丁目駅(10番・11番出口)から1分

【JR】
 有楽町駅(京橋口出口)から10分

【在廊日】-------------------
 まだ未定ですが、在朗できるとしたら、
 6/3(土)は15時以降、
 6/4(日)は午後〜16時ごろになると思われます。

よるもりをあるき

よるもりをあるき

「よるもりをあるき」2015.6 アクリル

よるもりをあるいていたら 一輪の花に出会いました。手触りのある作品第一号です。

しらとり団地

しらとり団地 「しらとり団地」2012.3 アクリル ぴぴぴちゅっちゅ あちこちから楽しそうなおしゃべりが聞こえてくる鳥たちのすみかです

Lovely Time 〜すてきな時間〜展 のお知らせ

7月1日からのグループ展に参加します。

Lovely Time 〜すてきな時間〜展はがき

Lovely Time 〜すてきな時間〜展はがき

Lovely Time 〜すてきな時間〜展
【日時】---------------------------------------
 2016年6月1日(水)〜6日(月)
 11:00〜19:00
 (初日12:00から/最終日17:00まで)
 ★パーティー:6月4日(土)17:00〜19:00

【参加者】-------------------------------------
 カワカミサエコ、シノ・ナカムラ、金子朗子、徳山きみあき、百々敬子、雅音、しかざわなおや、野崎淳之介、石原東帆(敬称略)

【場所】---------------------------------------
 ミレージャギャラリー(銀座)
 http://www.mireyagallery.com/

【在廊日(私がいる予定の日)】-------------------
 土日(6/4,5)の予定!

ミレージャギャラリーさんでのグループ展には、6度目の参加となります。
今回は、なんだろ?って思える絵を描こうとしてみています。ぜひ見に来て下さい!

ときめきの予感展 その他のもの

そのほかにも、2015年の年賀状も展示しました。

そしてこの3点をポストカードにして販売しました。
ときめきの予感展ポストカード

そのほかにも、これまでのポストカード・A4ポスター・絵本(アフロくん・くまっくる/りんごのわけかたは見本のみ)を置いておいたので、増やしたのはポストカード3種類だけなのに、結構もりだくさんな雰囲気に…。
作品集も分厚くなってきました。少しずつでも何かやってきておいてよかった!

感想をみる

シンプル化

 

我が子なのに時々、どんな風に育てたらこうなるんだろ?私もこんな風に育ちたかったなー。と思ったりする。

もし、○○教育法みたいなのを試してたら、そのおかげだと思っちゃってたのかな。それか 自分のやり方のおかげだと思っちゃってたかもしれない。
そうじゃなくても、じゃあもともと素質があるのか(親ばか)?環境が育ててくれたのか?これからも息子を信じて任せようか、なんて風にもいちいち考えてしまうけど、じつは自分たちの日々の中では、単に「息子のこういう所好きだなー」って思ってたらよかった事だったりして?
難しく考えすぎて嫌だわー。

疲れやすい質だけど、一番疲れさせてるのは自分なのかも。シンプルな世界で生きたいなー!