グローバルメニュー


memo

日々のものづくり&気になることいろいろメモ

contact

はじめての方はこちら

レオ・レオニ 絵本のしごと展へ

レオ・レオニ展

かわいい主人公たちで、みんなと違ってもいいという事や、知恵と勇気をふりしぼれば苦難を乗り越えられる事、また愚かさは我が身を滅ぼす事をも教えてくれる、レオ・レオニさんの絵本が大好きです。

この展覧会ではレオ・レオニさんの紹介とともに、絵本の主な原画がそんな風な4つのテーマに分けられて展示してありました。
原画には文章が全く添えられてなくて、冒頭にあらすじが記されているのみ。
元々お話の方が好きだった私には、絵に集中するよいきっかけをいただけたなぁと思えました。

原画は今までに持っていたイメージをよい意味で裏切ってくれて、鑑賞しながら、構図、色使い、コントラストなどなど・・、その素晴らしさに終始胸が締め付けられ続けるほど感動してしまいました。。

絵本だと真ん中で二つ折りになっているので、本当はこんな構図だったんだ!という事が実感できました。ものすごく横の流れを感じたのはやっぱり絵本を横にめくっていく動きを考えられているからなのでしょうか。
色使い、コントラストも印刷で出せていない魅力があってキューン!!!石のデッサンの精密さにも驚きましたが、ペツェッティーノが船にのって海?を渡るシーンの、黒と青と赤と背景の白のコントラストや、せかいいちおおきなおうちの最後のシーンのオレンジの色使い、デッサン、、などなど、ため息が出ます。

似たようなシーンが続いても画面1枚1枚がちゃんと絵になるって、絵本づくりを経験した私には本当にすごいなぁと思えます。これが芸術性を持つという事なのですね。自分もそうできるようになろう、目指そうと思います。ちょうど武井武雄さんの本にも童画の芸術性の事が書いていてふむふむそうだ!と思っていたのでした。

展覧会と合わせて、行き帰りでレオ・レオニさんの事が書かれた本『レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人』をちょうど全部読む事もでき、ぐっとレオ・レオニさんを深められた一日になって幸せでした。

病気が悪化しても最後まで明るくいつもいつも何かを作る事で頭をいっぱいにしていて、終わりの方ではうるっと涙ぐんでしまいました。自分はすぐ疲れた、しんどいと言って投げ出してしまっているかもしれないとも思いました。
最初はデザイナーだったのですね。考え方も、シンプルを追求している所があってとても共感でき、さらに憧れの人となりました。

観に行きたいな〜でも、渋谷かぁ・・と思いつつ過ぎ去る日々でしたが、ある日気持ちが急上昇し日帰りバスで行ってきました。約5時間の滞在時間、もうレオ・レオニ展でパワーを使い切っちゃってその後1人でお茶して時間をつぶすだけになっていましたが・・。でもそのおかげで1日で本を読み上げられたので有意義とも言えるかな。

バスだと家計に優しいので 笑、時間ができたらまたこういう事したいと思いました!


Leave a Reply


お仕事のご依頼・ご意見・ご感想など、お気軽にどうぞ♪

contact

このサイトに掲載されているイラスト・絵本・文章などの著作権はカワカミサエコにあります。引用、転載などを希望される場合はご連絡ください。