グローバルメニュー


memo

日々のものづくり&気になることいろいろメモ

contact

はじめての方はこちら

Archive for 12月, 2018

[絵本]ぼくのかいたい おめん と めがね

木曜日, 12月 27th, 2018

『ぼくのかいたい おめん と めがね』表紙

『ぼくのかいたい おめん と めがね』え・ぶん カワカミサエコ

このあいだ、サッカーのしあいでまけた。

チームのみんなは、くやしいかおや かなしいかおをしていた。
ぼくもなくほどくやしかった。

けれど、コトナくんだけは ちがったんだ。
コトナくんは、なぜかひとりだけ ふつうのかおをしていた。

くやしくないの? かなしくないの?ぼくがそうきくと、
コトナくんは「みんなとおんなじきもちだよ。」っていうんだ。

「コトナくん、かお まちがってるよなぁ」

あれからぼくは そのことが ずっときになっていて、
きょうは、うちにかえって はなしてみることにしたんだ。

きいてみると、かあさんも かお、まちがうことがあるらしい。
「いつものおこったかおを、ほんとうは やさしいかおに つけかえたいのよ。」
っていってたよ。
かおを つけかえるって?!おめんみたいだね。
でも、そうしてくれると ぼくもたすかるなぁ。

とうさんのほうは こういっていた。
「コトナくんの そのかおは きっと、“きもちをきりかえる”おめん だな。
くやしくても かなしくても そのおめんをつけたら きもちがおちついて、
つぎのいっぽを ふみだしやすくなるんだ。」

そういわれてみると・・・

ぼくも よくきんちょうして こまるから、
そんな おめんをつけると いろいろとやりやすそうだなあ。

ぼくはすっかり、ほしくなってしまった。

「そんなおめん、どこかにうってるのかな?
うってたら、かいたいなあ。」
ぼくがそういうと、とうさんと かあさんも
「かいたいねえ」っていっていたよ。

そんなわけで ぼくは、さがしてみることに したんだ。

いえをでると、きんじょのひげじい がいたので きいてみた。
「ほほう、きもちをきりかえる、ちょっとおとなの おめんだね。
たしか、めがねやのおやじが きみぐらいちいさなころに、
そのおめんについて けんきゅうしていたなあ。」
それをきいたぼくは とてもワクワクして、
すぐにめがねやさんに いってみようとおもった。

ひげじいにおれいをいって いこうとしたら、
さいごに こういっていたよ。
「でもな、わるいおめんに きをつけろ。
わるいやつも おめんをつかいこなすんだ。」って。
ぼくはドキドキした。それは きをつけなくっちゃね。

しょうてんがいの めがねやさんをたずねた。
「いらっしゃいませ」
さっそくおじさんが でてきたので、すぐにきいてみた。

「おじさん、おめんの おみせ、みつけたの?
きもちをきりかえる、ちょっとおとななおめんの…」

おじさんは すこししてから「ああ!」といった。
おもいだしたみたい。

「おめんのおみせはねぇ。おじさんも ちいさいころに さがしたんだけどね、
ざんねんながら、みつからなかったんだよ…。」
ぼくは がっかりしてしまった。でも、つづけてこうもいったんだ。

「そのおめんはどうやら、ポイントをためて もらうものらしい。」
「ポイント?!」

「そう、まいにち くらしていると、
うまくいくことも あれば、いかなかいことも あるだろう?
それでも がんばりつづけて、うれしかったり、くやしかったり、
いろいろなきもちになることでたまる ポイントだな。

おめんは、そのポイントが あるていどたまると
もらえるんじゃないか…というところまでは、
ちいさいころに けんきゅうしたんだけど、そこまで。
なぞは ふかまるばかりだったよ。

おじさんも おみせにいって、
すきなおめんを かいたかったんだけどねえ。」

ちょっと むずかしいはなしだったけど、
いいことも おしえてくれたんだ。
「…でもじつはね、めがねにも あるんだよ。」って。


おじさんは、おくのほうから、まるいのと、しかくいのと、
めがねを ふたつだしてきた。

「このまるいのは マエムキメガネといってね、これをかけると
みたものの、いいぶぶんばかりが みえるんだ。」

ぼくは おそるおそる そのめがねを かけてみた。
すると、ふつうのかおをしていたおじさんが、ニコニコしてる!
「わぁ、ほんとうだ!すごい!」ぼくは おもわずさけんだ。

しかくいほうは どうだろう??

ぼくはおどろいた。
「こんどは おこってるようにみえるよ!!どうして?!」

「きみはまだ おじさんのことをよく しらないから、ちょっとふあんだろう?
そういうときに、わるいふうにばかりみせちゃうのが、このウシロムキメガネ。」

す、すごい!めがねをかけないでみると ふつうのかおなのに!おめんを つけかえてるみたいだ。

「そういえば、きみがほしいのは、どんな おめん や めがねかな?」
と おじさんがたずねたとき、ぼくはもう、まよわなかった。

「この、マエムキメガネが ほしいです!
いくらですか!」

って、ポケットの さいふをとりだしながら いった。
おめんをかおうとおもって、
おとしだまを もってきていたんだ。
たくさんあるから、きっとかえるとおもったよ。

「おや?!ややや?!」
おじさんは きゅうにこういいだした。

「よくみると、キミはもうすでに、
とってもいいかんじの スナオメガネを かけている!
マエムキメガネは たしかに いいしなものだけど、
きみには、うることは できないなあ!」

「えー?」

ぼくは、いみが わからなかった。
ごらんのとおり、ぼくは、めがねなんて かけていないからだ。

なんでだよ、かうっていってるのに。しょうばい へたなんじゃない?

でも、ニコニコしたおめんを つけたみたいで、なんだかあやしいぞ。
きょうのところは、おれいをいって かえることにしよう…


がっかりなかえりみち、ひげじいに ほうこくをすると、
「おやおや!さすがめがねや。いいみたてだわい。
スナオメガネは、こどもならではの とてもいいめがねだなあ。」
といってわらった。

おじいまでなんだよ!ぼくは めがねなんて かけてないってば!


とうさんと かあさんまで
「ほんとだ!うらやましいくらいの スナオメガネだね。」だって。

「けどぼく、めがねなんて かけてないよね?!」といっても、
「おとなのめがねからは、よーくみえるよ。」とかいって、とりあってくれない。
ふたりも、めがねを かけてないのにね。
おめんよりも、おとなのめがねよりも、
もうしばらくは、そのめがねのままで いてほしいとか、やたらほめてくるんだ。

ぼくはもう ほんとうによくわからなくなって、
じぶんのへやに にげこんだ。


ほら、かがみにうつった ぼくは、
やっぱり めがねをかけてないよ。
おとなのめがねだと、
みえるってことなんだろうか。

そういえば、あれ?
ぼく、けっこう おこっていたはずなのに、
いがいと ふつうのかおをしている。
ぼくも、おめん?
ポイントが たまったのかな…。

「ねこのめがねは、どんなふうに みえるの?おめん、つけたこと ある?」

みゃうみゃうに きいてみたけど、
「にゃー」といって、けづくろいを しただけだった。
ほんとうに なぞはふかまるばかり だなあ。

うーん。よくわからないけど、たくさんほめられたし、まあいいか。

そのよる、ながれぼしが みえたので、おねがいを しておいた。
ぼくもはやく、おとなのおめんとめがねを てにいれられますようにって。

おしまい

この絵本のうらばなしを読む


[絵本うらばなし]ぼくのかいたい おめん と めがね

木曜日, 12月 27th, 2018


この絵本を読む

なんでこんなお話が出来たのかな?
作者自身も時間がたつと忘れてしまいそうなので書いておこうと思います。

経験ポイントについて


まず、おはなしのベースに「経験ポイント」という概念があります。

これは息子が4歳くらいの時に、前向きな気持ちで自分のことをやってもらいたくて「それは、かあちゃんがやってしまうと、かあちゃんの経験ポイントになってしまうよ。自分でやったほうがいいよ。」と説明してみたら瞬時に理解してくれてびっくりした所から始まりました。この頃の息子はハンコやシールを溜めるのがうれしいタイミングだったおかげか、自分のポイントにしたい、ポイントをどんどんためるぞ!と思ったようでした。

このようなことが私にとっての子どもと接する面白さになっています。説明したら意外と通じるというか、逆に大人に話すよりも素直に届くというか。

その概念が我が家には当たり前な存在になっていて、今でもたびたび話題に登場します。

おめんについて


日々色んなことがありつつ過ごしていると、悲しいけど幸せだ、とか、一見相反するような感情を複数同時に抱えながら目の前をやるべき事を淡々とこなすような状況になったりします。
そういう風に、1つの出来事に対する1つの感情に振り回されにくくなり始めるような事が、大人の階段をのぼるという事なのかなぁと思うことがあります。
それから周囲を見ていても、みんな自分よりも上手くやってそうに見えても、きっと色々あるんだ、自分なりに頑張るのみだと思えたりとか。

コトナくんは、試合の後に素早く気持ちを切り替えて次もがんばろうと思っている、一足早く大人の階段をのぼった子のイメージです。

メガネについて


これもまた4,5歳くらいの時の息子に「前向きメガネをかけていると良い事ばかりに気がつけて、後ろ向きメガネをかけてしまうと、嫌な出来事ばかりに気がついてしまう」と話すと、
「じゃあボクはいつも前向きメガネをかけているよ。だっていつも楽しいもん。」と言われてうらやましいなぁと思ったことがありました。

どうしても、後ろ向きメガネをかけてしまう時があります。でも、そのメガネのせいだと思ったらちょっと気が楽になって、前向きメガネを想像すると気持ちが切り替えられるかなぁと、そういったイメージでこの絵本のお話に加えようと思いました。

このおはなしについて

というわけで、この絵本は息子との会話がもとになっていて、気持ちを切り替える事について楽しく話し合えたらいいなぁと思いつつ作りました。

でも子どもたちに早く大人になってもらいたいという訳ではなくて、大人は子どもなりの感じ方がいいなぁと思っているし、子どもたちは今の感覚も尊重されつつ、大人になることが楽しみになってくれたらいいなぁと思いました。

もう私自身は子どもではなくなってしまったので、そういう目線になってしまいますが、、、振り返ると楽しく作ることができた絵本だと思います。

この絵本を読む


[works] 美容室のクリスマスカード イラスト・デザイン(2018年)

日曜日, 12月 23rd, 2018

新百合ヶ丘(神奈川県)の美容室「Hair Feel」さんの、年末年始のお知らせも兼ねたクリスマスカード、2018年版デザインです。

Hair Feel 2018年クリスマスカード

Hair Feel 2018年クリスマスカード宛名面

2017年版



お仕事のご依頼・ご意見・ご感想など、お気軽にどうぞ♪

contact

このサイトに掲載されているイラスト・絵本・文章などの著作権はカワカミサエコにあります。引用、転載などを希望される場合はご連絡ください。